トップ

秘書代行で営業電話撃退

職場にかかってくるセールス電話

業務を滞らせて迷惑なセールス電話

事務所を開いて事業を営んでいると、毎日さまざまなところから、事務所に電話がかかってくるかと思います。そして、仕事上の顧客や顧客になり得る人からの電話であれば、丁寧に受け答えしなければなりません。電話対応のやり方が良くないと、悪い印象を与えてしまいます。場合によっては、仕事に影響が出てしまうかも知れません。

一方で、職場にかかって来る電話は、業務電話ばかりとは限りません。セールス電話も多数かかって来ます。セールス電話の多くは詐欺のような内容のものであるため、毅然とした態度で断るのが望ましいです。

しかし、電話に出るまでは、業務電話なのかセールス電話なのか分かりません。そのため、とりあえず丁寧に受け答えしなければならず、セールス電話が来ることで時間と労力の無駄になってしまうことが多いのです。集中して仕事をしている最中にセールス電話がかかって来ることで、自分の仕事が止まってしてしまうこともよくあり、困っている人もいるでしょう。また、従業員の人が電話に出た場合には、責任者の人に引き継ぐように言って来ることもあります。

そのため、セールス電話には経営者の人はもちろんのこと、従業員の人も迷惑しているケースが多いです。しつこいセールス電話に対しては、しっかりと断ることが大切ですが、断っても後日また同じような内容の電話をかけてくる業者もいます。そのため、断り方にも工夫を凝らすと良いでしょう。

例えば、責任者の人に引き継ぐように言われたら、退職した旨を伝えるなどするのが良いでしょう。また、仕事があまりなくて暇であることをほのめかすのもいいかも知れません。セールスの人は、お金があまりないところは狙わないためです。それでも、しつこくかかって来て迷惑しているなら、秘書代行サービスを利用してみると良いでしょう。