トップ / 秘書代行の契約までの流れ

秘書代行で営業電話撃退

秘書代行の契約までの流れ

秘書代行サービスを申し込もう

秘書代行サービスを利用しようと検討しているなら、まず業者選びが重要です。秘書代行サービスを提供している業者は数多くありますが、それぞれサービス内容が異なり、サービスの質にも差があります。単に料金だけで決めてしまうと、あまり良質でないサービスの業者を選んでしまうこともあるため、じっくりと吟味して決めることが大切です。

選ぶポイントとしては、しっかりと研修や教育が行われているかどうかが、かなり重要です。敬語の使い方が適切でないと、電話の相手に不快な思いをさせてしまうことがあります。臨機応変な対応ができるかどうかも大事でしょう。それに加えて迅速な報告ができるかどうかや、個人情報の取り扱いに関することなども重視して、業者を選ぶことが大切です。

どの業者に申し込みをするか決まったら、コースなどを確認しましょう。サービス内容の異なる複数のコースを設けている業者が多いためです。内容を確認して、申し込むコースが決まったら手続きを開始しましょう。ホームページ上に申し込みフォームが設けられている業者が多く、必要事項を入力して申し込み手続きを行えます。

この際に、会社の登記簿謄本と印鑑証明書、担当者の身分証明書などが必要になります。画像をアップロードする形で提出することが可能です。申し込み手続きが完了すると、入会審査が行われます。特に不備がなければ審査に通過できますが、業者やコースによっては時間がかかる場合もあるため、なるべく日数に余裕を持って申し込むのが望ましいでしょう。

審査に通過した後は、サービス内容や料金などを確認してから、契約書を交わします。そして、初回の料金の入金を確認した後、電話やメールの応答を簡単にテストしてから、サービスを開始するという流れになります。